ムロツヨシ、松本潤からの助言を明かす「自分を認めたほうがいい」

ムロツヨシ、松本潤からの助言を明かす「自分を認めたほうがいい」
ムロツヨシ、松本潤からの助言を明かす「自分を認めたほうがいい」
9月23日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系に)俳優のムロツヨシ(45)がゲスト出演。

プライベートで仲がいい、アイドルグループ嵐のメンバー、松本潤(38)からの“ある助言”を明かした。

「プライベートで偶然出会った芸能人に挨拶する?」というテーマになった際、ムロは通っているジムで、歌手の吉川晃司(56)に会ったことがあると話を切り出した。ムロは吉川が、ミュージシャンの布袋寅泰(59)とかつて組んでいたロックユニット「COMPLEX」時代を知っていることから「吉川晃司だ……」と恐縮してしまい、相手が自分に気づいていなかったように見えたこともあり挨拶のタイミングを逃してしまったそう。

そして、その夜に松本潤と会ったムロは「こんなことがあったんだよね。話かけるべきだったかな?」と松本に状況を説明。すると、松本は「それ話しかけるべきだよ、ムロくん」とキッパリ。「自分という存在を、もうちょっと認めたほうがいいよ。失礼だよ、向こうも気づいているよ」と助言を受けたと明かした。

松本の毅然とした態度に、ムロは「かっこいい、即答だ」と感銘を受け「わかりました」と思わず敬語で返答したとか。さらに、挨拶しなかったことで1日悩んでいたというムロに、松本は「悩むくらいなら話しかけるべきだよ」とも指摘したという。そして、次に吉川に会ったときには挨拶したようだが、松本の言うとおり吉川から「何回かお会いしましたよね」と言われ、気づかれていたと語った。

視聴者からも「松本潤のムロさんへのアドバイスが人格者すぎて、ちょっと神棚に祀りたくなる件。あの顔でそう言われたら従うが吉。になるよね笑」「ムロツヨシさんに向けた松潤の言葉、本当格好良い」「松本潤くんらしいし、相手のことも含めての対応の考え方が真理ついてて尊敬するわ」などの声が集まった。

「MCの有吉弘行(47)も、同じジムに通う俳優・木村拓哉(48)に挨拶せず完全スルーを貫いていたことを木村に指摘されて苦笑いしていましたが、芸能人同士でもプライベートとなると探り合いの部分が多いのでしょう。同じくMCの櫻井翔(39)も、同じマンションのエレベーターなどで遭遇すると声をかけるべきか迷うと話していましたが、松本の堂々とした態度には『かっこいい』と声を漏らしていました」(芸能ライター)ただ、これはあくまでも芸能人同士の話。

一般人はプライベートで見かけたとしても、そっとしておくのがベストかもしれない。