「iPhone 13」に中国BOE製の有機ELディスプレイ採用へ、タッチ関連など品質問題に懸念も


「iPhone 13」に中国BOE製の有機ELディスプレイ採用へ、タッチ関連など品質問題に懸念も

輝度が上がって最大120Hzの可変リフレッシュレートも盛り込まれ、ノッチまで小さくなるなど、ディスプレイに少し手が加えられたiPhone 13。
しかし一方で気になる情報が浮上しています。詳細は以下から。
海外メディアの報道によると、Appleは中国のパネルメーカー・BOEからiPhone 13向け有機ELディスプレイの供給を受けることを承認したそうです。上手くいけば今年中にもBOE製パネルを用いたiPhone 13が出荷されるとのこと。
ただしAppleがBOEに対して行ったのは「条件付き承認」で、材料やタッチセンサの電極部分などの問題を解決しない限り、製品には採用されないようです。つまりBOE製のパネルは現状では品質問題を抱えていることになります。
なお、AppleはBOE製パネル採用にかなり慎重な姿勢を見せており、調達量を増やす場合などにも同様の品質チェックが行われる見通し。そのため同社製パネルが採用されるのは「iPhone 13」1機種のみで、絶対数も限られるとされています。

有機ELディスプレイを供給しているSamsungに値下げ圧力をかける目的で採用されるとみられるBOE製パネル。
回避したければiPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxを選んだほうが良さそうです。
が、GPSも内蔵していたことで話題になった。 現行の最新モデルであるiPhone 13 / 13 mini・iPhone 13 Pro / 13 Pro Maxは、2021年9月14日(日本時間15日)に発表された。 iPhoneは、2000年代初頭に先に開発が始まったiPodの派生製品であり、
208キロバイト (22,628 語) - 2021年9月16日 (木) 12:30