選手村のダンボールベッドに不満続出 崩れるのを恐れ床で寝る選手まで



選手村のダンボールベッドに不満続出 崩れるのを恐れ床で寝る選手まで


リーウェンウェン(李雯雯)

2021年7月23日から開幕となっている東京五輪だが、そんな五輪に出場する選手らが最高のコンディションを整えるために泊まるのが選手村だ。
日本ではダンボール製のベッドが用意され、これに対しては日本でも議論が生じた。JOC側は十分な耐久性があると説明し200kgまで耐えられるとしていた。

しかしこのダンボールベッドでは最高のコンディションが得られないとして、一部の選手らは不満を漏らしている。中国代表の重量挙げ選手リーウェンウェン(李雯雯)は東京五輪に女子部門87kg級に出場する。彼女は月曜日に試合を控えているが、ダンボールベッドがいつ崩れるのかと不安で床で寝ているという。
リーウェンウェンの体重は約147kgあり、ダンボールベッドの最大200kgという負荷に耐えられないと自ら思ったようだ。
その様子が現地中国の新聞やネットニュースでも報道されるとダンボールベッドは瞬く間に中国でも議論となった。

アスリートファーストとはなんだったのだろうか……。


リーウェンウェン(李雯雯)

リーウェンウェン(李雯雯)


【日時】2021年07月23日 16:54
【提供】ゴゴ通信

選手村(せんしゅむら、Olympic Village)は、オリンピック大会で選手・役員などが寝泊りする場所のことである。最近ではカラオケができたり、インターネットカフェがあったり、或いは地球環境問題に配慮した設計にするなど単なる宿舎ではなくなりつつある。 訳語としては他にも「オリンピック
7キロバイト (774 語) - 2021年7月18日 (日) 09:57