仏ジャーナリスト、五輪プレスセンターの1,600円のランチに衝撃!「これが おもてなし?」



仏ジャーナリスト、五輪プレスセンターの1,600円のランチに衝撃!「これが おもてなし?」
仏ジャーナリスト、五輪プレスセンターの1,600円のランチに衝撃!「これが おもてなし?」
23日に開幕する東京オリンピック(東京五輪)の報道拠点となるメインプレスセンター(MPC)。各国から続々と記者が訪れており、SNSには現場での状況が報告されております。しかし、現場で販売されている料理があまりに酷いということで話題となっております。一体どのようなものなのでしょうか。

■オリンピックがいよいよはじまる
開幕が23日に迫る「東京五輪」。

しかし、五輪がいよいよ始まるというポジティブな空気はなく、コロナ禍やその他、度々問題となる関係者の不適切な行為など、ネガティブなニュースが絶えない。

そのような状況下、東京ビッグサイトに設けられた報道拠点「メインプレスセンター(MPC)」には海外のメデイアが増え始めている。

Twitter上でもその状況が逐次報告されているが、現場での状況は割と厳しいもののよう。特に現地での「食の問題」が取り沙汰され物議を醸している。

■プレスセンターで出された1,600円のご飯があまりにひどいとフランス人記者
こちらが問題となっているMPCで購入できる1,600円の料理。

具体的な料理名は不明だが、ハンバーグに玉子や野菜を挟んだハンバーガーのように見える。

奥にはフライドポテトにケチャップといったものが見える。

ネットではこの料理に「これが日本のおもてなしか」「味も悪そうだが、体にも悪そう」「何から何までぼったくりですね」

など散々なコメントがされている。

これを投稿したのは、フランス人記者の「レジス・アルノー」さん。

「ゴム肉、冷たいパン、汚い盛り付け」など辛辣なコメント。

■これがおもてなしと言っていいだろうか
..
【日時】2021年07月21日 01:15
【ソース】秒刊SUNDAY
【関連掲示板】

五輪活性化のための実施競技入れ替えが大会ごとの追加枠で採用される「その他の競技」がある。 ^ 東京五輪、21年7月23日〜8月8日開催へ 日本経済新聞 (2020年3月30日) ^ “東京五輪・パラ、「1年程度」の延期決定 「東京2020」の名称は維持”. BBC
85キロバイト (8,551 語) - 2021年7月21日 (水) 03:07